ポップの名言・名セリフ⑭

ポップの名言・名セリフ⑭

【ポップの名言名セリフ】 

/ / / / / / / / / / / / / ⑭ /

・・あらあ・・

この最後の最後へ来て

なんかおれ
ツボつかんじゃった
みたいっ・・!!!

・・やっぱ天才・・
だったりしてねおれ・・!!

土壇場で、バーンのカイザーフェニックスを上手くあしらう術を身につけたポップは、自画自賛気味につぶやく。史上最弱の魔法使いから史上最強の大魔道士となったのだ。「おまえは昔から天才だよ!」ダイもバーンに向かっていく。

 

天下の大魔王が
スライム一匹に
ムキになって
恥ずかしくねぇのかっ!!!

地上を消滅させようとしたバーンだったが、瞳の玉がバーンを攻撃して防いだ。瞳の玉が自力で動けるはずがなく、奇蹟的なできごとにバーンは驚愕する。瞳の玉を動かしていたのはレオナのように思えたが、実はレオナの胸の中にいたゴメちゃんの力だった。そしてゴメちゃんを見たバーンの表情は一変して叫んだ「か・・神の涙!!」バーンは憎しみを込めてゴメちゃんを握りつぶそうとした。

 

やっぱり・・

おめえは
おれたちの冒険の
守り神だったんだな・・・・・

・・・・・
あばよ・・!

ゴメ!!

ダイの最後の願いを叶えたゴメちゃんのおかげで、黒の核晶の爆発は食い止められ、空は黄金色に輝く。そして光の粒が降り注ぎ、ポップたちに最後のお別れを伝えた。

 

・・・・・おい!!

どうしちまったんだ

ピクリとも動かなく
なっちまったじゃねぇか・・・!!

まだかショックで
死んじまったんじゃ
ねぇだろうなっ!!!

オイッ!!!
何とか言ってみろよッ
大魔王サンよォッ!!!

地上の消滅計画をまんまと阻止されたバーンは、ダイたちの呼びかけにも全く反応せず、ただ立ち尽くしているのみだった。しかしポップの一言で、突然視線をこちらに向ける。

 

・・おめえ・・
バカだよ
本物のバカだ

そのために・・
おれたちと地上の
未来を救うために

自分自分の
存在すら捨てちまおうって
いうんだから・・な・・

ダイは自分を竜魔人化してバーンと戦うという。それは人間に戻れなくなる可能性があるということ。「だとえどんな姿だろうが・・ダイはダイだ!!」ポップもレオナもダイがどんな姿になろうとも見捨てはしない。

 

ダイがっ・・!!!

あの・・
ダイが・・!!!

すべてをかなぐり捨ててまで
闘っているのは
何のためだっ・・!!!

こんな所で
おれたちが犬死に
するわけにゃあ
いかねぇよッ・・!!!

ポップたちはバーンによって大魔宮の心臓部に閉じ込められてしまう。そこはどんな攻撃も魔法も通用しない空間だった。

 

勝って・・!
勝ってくれよ
ダイ!!

そして・・
戻って来い!!

どんな姿でもいい!!
おれたちの所へ・・!!

帰ってくるんだ・・
ダイ!!!

無事地上に脱出できたポップたちは、もうバーンとダイの決着を待つしかない。ただダイの勝利を信じて。

 

こっ・・
この役だけはっ・・!!

この役だけは
誰にも
渡せねえぇっ!!!

大魔王バーンを倒したダイは力尽きたまま天空から落ちてきた。そのままで地面に激突する。ダイを助けようと皆が飛び出すが、誰よりも早くポップはダイの救出に向かうのだった。

 

このクセッ毛!!!

このキズ!!!

そしてこの
ちっちぇー身体ッ!!!

どこがいつもの
おまえと違う?

おれたちのダイ
そのものだよ!!

・・・・・
そうさっ!!!

おれたちのダイが
勝ったんだぁーーーーーっ!!!

あーーーーーーーっ
はっはっはっ!!!

そぉらっ!!!
勇者サマの凱旋だあぁっ!!!

みんなの所へ
行ってきやがれえっ!!!

「おれ・・どこか・・変じゃないかい・・・?」竜魔人になってバーンを倒しみんなの元へ戻ってきたダイは、自分の姿がいつもどおりか気になってポップにたずねた。ダイはいつもどおりのダイ。ポップは大いに嬉し泣きしながらダイを全身で祝福した。

 

けっ 結局
こうなっちまったか・・・!!!

だが・・
もう手放してる時間はねぇ!!!

・・おまえとなら・・
悪かねぇけどな!!

ダイ・・!!!

機械人形だったキルバーンの頭に埋め込まれていた黒の核晶を、ダイとポップは抱えて空高く舞う。爆発までほとんど時間がないため、このまま一緒に爆発するしかない。しかしポップはダイと一緒なら悔いはなかった。「・・・ごめん・・ポップ・・!!!」ダイはポップを蹴って地上に落とし、自分だけが黒の核晶とともに天へ向かう。「なぜなんだよオォッ ダイッ!!!!」ポップは泣き叫びながら地上へ落ちていった。

 

・・“真の勇者ダイの剣”・・
・・か・・・

まるで墓だぜ・・
縁起でもねえ・・!!

海が見渡せる崖の上にダイの剣が刺さって立っている。一見それはお墓にも見えた。

 

どこでも
いいじゃねぇか・・!!

生きて・・
生きてさえすりゃあよ・・!!

また会えるって!!

だってあいつの
帰ってくる所はよ・・!

地上(ここ)しか
ねぇんだからさ!!!

ダイは生きていた。ダイは必ず戻ってくると確信するポップ。そして戻ってくるところは自分たちのいるダイとの思い出の場所、この地上しかないのだ。

 

そうだ

あいつが戻る
その日まで

おれたちが
世界を守っていこう

いつの日か
あいつを見つけても

あいつが自分で
帰ってきても

美しい大地や街並みや
平和な人々の暮らしを見て

これが
おれが守った地上なんだ

誇らしく胸をはれるように
しよう・・・!

ふたたび勇者が
帰ってくる

その日のために・・!!

【ポップの名言名セリフ】 

/ / / / / / / / / / / / / ⑭ /

(Visited 1,255 times, 1 visits today)