モンスター・敵の名言・名セリフ

モンスター・敵の名言・名セリフ

【ガーゴイル】

ケケケーッ!!
人間だ!!
人間がいたぞ!!

殺せ殺せ!!
キイイイッ!!

 

そんな
にわか剣法(けんぽう)で
魔王軍の兵士を
倒せると思うか

なめるなよ
チビぃぃぃっ!!

 

な なんだ
なんともねえじゃねえ・・

かあっ!!?

あ・・あああっ!!
アアアアアア~ッ!!

 

【ヒュンケルの執事モルグ】

こぉれこれお嬢さん
元気がいいのは結構だが

死にたくなければ
おとなしくしておいたほうが
いいですぞ

いま死火山の
火口の入り口へと
向かっておりますから・・
暴れるとあぶないですぞぉ

我々と違ってまだあなたは
生きておられる方
ですからねぇ・・

 

不死騎団もこれまでか・・

ヒュンケルさま・・

せめてこのモルグが
冥土の案内人と
なりましょう・・

 

【ザボエラの部下の魔道士】

さすがはザボエラさまですな・・

一軍団長を手駒に
変えてしまうとは・・

これでクロコダインさまが
勝利をおさめれば
名軍師としての
ザボエラさまの株も
いっそうあがろうというもの・・

フッフッフッ・・

【ハドラー部下のアークデーモン】

ご・・互角だ・・
いや・・むしろ
ハドラーさまが
やや押されておられる・・!!

【魔界のモンスター】

おれたち魔界の怪物は
おまえら地上の生物みたいに
ひ弱じゃね~んだよっ!!

 

フン!!!
誰が出てきたのかと思って
一瞬驚いたが・・!!

なんとあの
負け犬ハドラーの
手下風情だったとはなっ!!!

死にぞこないの落武者が
オレたち正規の怪物軍団に
とってかわろうとは
片腹痛いわあっ!!!

アバンの使徒より先に
おまえの方を
片づけてくれるッ!!!

くたばれッ
クズ鉄めッ!!!!

 

【ゴロア】

通称ドラムーン(太鼓型モンスター)のゴロア。大魔宮の心臓部である魔力炉の管理者。お腹が太鼓になっており、叩くことで強力な重力波を放つことができる。小心者だが出世欲が強く狡猾な面もある。

 

よく考えたら
あんな女の子助ける義理は
ないんだし・・

魔力炉があの子を
食べてる間
勇者のおまえを
殺ってしまえば大手柄・・!!

出世のチャンスだム~ン!!!

暴走した魔力炉はレオナを吸収しようとしていた。管理者のゴロアは魔力炉を抑えるよりは、ダイを倒したほうが出世できると思いつく。

 

どんなおとぎ話でも
一応ちゃんと
聞いておくもの
ム~ン・・!!

ダイにとどめを刺す方法を考えるゴロアは、魔界に伝わるおとぎ話を思い出す。どんな武器でも倒せない不死身の剣豪を倒したのは、その剣豪が持つ剣だったという伝説だ。「ワシだってやろうと思えばできるんだム~ン!!」ゴロアはおもむろにダイの剣を手にして意気揚々とトドメを刺そうとする。

 

ムッフッフッフ~ン!!
くやし涙か・・

おまえのせいじゃないム~ン

ワシが冴えてたんだム~ン!

さあっ!!!
自分の剣で
あの世へ行くム~ン!!!

グッバイム~ン!!!!

ゴロアは身動きできないダイに向かって、ダイの剣を振り下ろした。その瞬間ダイの脳裏に、父バランをかばって死んでいった母ソアラの姿が浮かび、同時にバランが語りかけてきた。

 

【城兵(ルック)ブロック】

城兵(ルック)。ハドラーがオリハルコンでできたチェスの駒より禁呪法で生み出した最強の親衛騎団の一人。そのパワーは凄まじく巨大な船を担いで投げることもでき、クロコダインをも圧倒する。巨大で強固なボディはそんな攻撃を受けてもビクともしない。人間の言葉は話せず、「ブローム」という音のようなものを出す。

 

・・・
ミンナ・・

ハドラーサマヲ
・・タノム・・!!

ハドラーがバーンの光魔の杖で貫かれそうになった瞬間、ブロックの身体が二つに割れ、中から小さく細いもう1つのブロックの姿がでてきた。そして凄まじい超高速でハドラーや仲間達を救ったあと、別れの言葉を残して爆発する。

 

【冥竜王ヴェルザー】

かつてバーンと魔界を2分した竜の王。まだ若い頃のバランとの闘いに敗れ、天界の精霊たちに封じ込められてしまっている。

 

ええい・・
口惜しや!!

竜の騎士め!!
精霊どもめ!!

すべからく
神々の遺産というのが
また腹立だしいッ!!!

(Visited 224 times, 1 visits today)