ポップの名言・名セリフ⑧

ポップの名言・名セリフ⑧

【ポップの名言名セリフ】 

/ / / / / / / ⑧ / / / / / / /

ハッ・・
ハハハ・・!!

な なんだよオイ!

よぼよぼのジイさんが
出てきちゃったぜ・・!!!

こりゃ思ったより
全然簡単に
やっつけて
帰れちゃいそうだ・・!

ひょ・・
拍子抜けしちゃったよなァ
みんなっ・・!

ハハハハハハッ・・!!

大魔王バーンの姿を見たポップは、ありきたりな冗談を言って場をなごまそうとする。しかしそのあまりに威圧的な力の前に、とてもそんな気分にはなれない仲間達。ポップは心の中で「誰かなんとか調子合わせろよォ・・」と愚痴をこぼした。

 

なっ・・
何を根拠に
勝手な事
言ってやがんだよッ!!

この三文死神があっ!!!

バーンの姿を見たヒュンケルやクロコダインは極度に畏怖していた。それは一見老人に見える男から、今までベールの向うで間接的に接してきたときと同じ、とてつもない圧倒的な威圧感を感じられたからである。それを指摘してきたキルバーンにポップは、勝手なこと言うなと突っかかる。

 

かっ・・
勝てねぇや・・!!

こいつぁ
ただの悪党じゃねぇっ・・!!

スケールが違いすぎらあ!

何千年も昔っから
この地上を天井のフタ
ぐらいにしか
思ってなかったやつに・・・

おれたちなんかが・・

おれたちただの人間なんかが
どうあがいたって
勝てるわけがねえよぉぉっ!!

地上を消し去り魔界を地上にするという、大魔王バーンの数千年にわたるあまりに壮大過ぎる準備を聞き、ポップやマァムは人間が勝てる相手ではないことを痛感し、戦力をなくしてしまう。

 

・・マァム
・・頼みがあるんだ・・

・・・手を・・
最後の瞬間まで
おれの手を
離さないでいてくれ・・!!

バーンの凄まじい威力の超必殺“カラミティウォール”は、ダイ、ヒュンケル、クロコダインをあっという間にふっ飛ばしてしまった。そのままポップとマァムにも衝撃波が襲ってくる。ポップは震える手をさしだして、マァムと手を握り、死ぬ覚悟をした。

 

まっ・・
待てっ・・!!

ま まだ
ダイは
死んじゃいねえっ!!!

ダイが・・
死ぬわけ
ねえだろうがよォォッ!!!

待てえ~~~~っ!!!

連れてかねえで
くれえ~~~~~っ!!!

竜の騎士が生涯を終えた時現れるマザードランゴンが天空に姿を見せる。その手に持つ水晶の中には、ダイが入っていた。

 

ホント
大人の魅力っつーか・・

アバン先生の恋人(コレ)
だったら
30近いだろーに

そんな風にはみじんもっ・・

フローラについて小指を立てながら軽々しく話すポップに、レオナとマァムは「失礼なことゆーな!」とダブルゲンコツをくらわす。

 

おめえが女の子らしく
メソメソしてるところを
見られるなんて
長生きゃするもんだなァ

ダイが逃げだしてしまい、マァムは今までにない追い込まれた状況に「もうだめかもしれない」と弱音を吐く。しかしいつものポップ調でマァムを元気づけた。

 

心配ねえ・・
全~然心配ねえって・・!

おれを見な・・!!

いっつも最初に
逃げちまうやつが
ちゃんとまだこうして
いるだろうが?

だから大丈夫さ
ヒュンケルもおっさんも・・
もちろんダイもな・・!!

 

・・・とりあえず
ゆっくり泣いていても
いいぜ・・

・・つき合ってやるよ

月夜の散歩も
たまにゃいいもんだ・・

世界の誰もが勇者に願いを託している。しかし自分には大魔王バーンを倒す自信がない。ひたすら一人で苦悩するダイは、竜の騎士の伝説が眠るテランの森をさまよう。「どうしたらいいんだ。おれはっ・・!」涙しながらへたれこむダイの後ろで、聞き覚えのある声がした。

 

バカだな・・!

おれがそんな事で
他人を非難できっかよぉ・・!

言っちゃあなんだが
“逃げ出し”に関しちゃあ
おれのが大先輩だぜえっ!!
ハハハッ!!!

・・誰もおまえを
責められないよ

おまえは全力で戦った
親父さんを亡くし・・
武器を失っても・・!

おまえは・・
よくやったさ・・

ダイは戦いから逃げだした自分を責めないポップにいたたまれなかった。「ポップはおれを叱りにきたんだろ!それでも勇者かって!臆病者かって!」しかしポップは笑顔で返した。

 

わかったよ
もう・・
無理には言わねえ・・

・・だがな!
おれはおまえがいなくても
もう一度・・
大魔王と戦うぜっ・・!!

バーンに全く歯が立たなかった自分の非力さを目の当たりにしたダイは、自分の力が限界だと感じ、これ以上は仲間を死なせるだけだと膝を落とす。へたれこむダイを見て、ポップは無理強いはせず、しかし自分の信念を伝える。

 

おまえは昔っから強かった・・
だけどおれは違う

強えぇ奴が怖くて
逃げ回ってばかりいた

そんなおれが
今こうして魔界の神と
ケンカしてんだから
まったくオドロキだぜ・・

戦いがおれを
ここまでにしてくれた!

おまえやマァムや
ヒュンケルたちと
ここまでやってこれた事は
おれのたったひとつの
誇りなんだ!!

今ここでやめちまったら
ちっぽけな勇気を
ふりしぼって
ここまでがんばってきた
おれの戦いの日々が
すべてムダになってしまう!!!

ダイ!!!
おれたちは今まで
ずっと誰かのために
がんばってきたよなっ!!

アバン先生の
仇を討つために・・!

おれたちの家族の平和を
とり戻すためにっ・・!!

でも 今ではもう
それだけが戦う理由じゃ
ねえはずだ!!

みんなのためだけじゃない!

自分自身のために
ここで戦いを投げちゃ
いけねえんだっ!!!

これはもう
おれたち自身の
戦いなんだっ!!!

・・自分の事は
自分で決めな

おれは・・
戦う・・!!

そして・・おれは
おまえを信じてる・・・!!

おまえが本物の勇者か
どうかなんて関係ねえっ!!

おまえがダイだから
信じてるんだっ!!!

勇者がなんだ!!?
竜の騎士がどうした!!?

おれにとって・・
ダイはダイだっ!!!!

【ポップの名言名セリフ】 

/ / / / / / / ⑧ / / / / / / /

(Visited 773 times, 1 visits today)