ミストバーンの名言・名セリフ②

ミストバーンの名言・名セリフ②

【ミストバーンの名言名セリフ】

/ ② / / /

・・この国の人間全員に
地獄以上の苦しみを
味わわせて殺すことが・・

バーン様への
せめてもの償いだッ!!!!

泣け!!
わめけ!!
そして・・
バラバラになれッ!!!!

顔を見られたミストバーンは怒りにまかせてヒュンケルやマァム、ポップたちに闘魔滅砕陣を浴びせ続けた。

 

死ね!!

それ以上の
おしゃべりは・・

許さぬッ!!!!

ヒュンケルにだけ闘魔滅砕陣とさらに闘魔傀儡掌までかけるミストバーン。ヒュンケルは「オレにこだわるのは、おまえの素顔の秘密に万が一つでも気づきそうなのがオレだからか!」とけしかけた。

 

・・なんと・・
なんという失態を・・!

バーン様の鬼岩城を
・・あのような姿に・・!!

・・これも私が
ダイの新しい剣の力を
見抜けなかったせい・・

私の・・
・・私の
せいだあああっ!!!

うおおおおおおーーーーーっ!!!

鬼岩城をダイに破壊され、呆然とするミストバーンは、ヒュンケルの攻撃に避けもせずワナワナと震えだす。

 

・・もはやこれまで・・!

我が闇の衣を脱ぎはらい
ダイとおまえたちを
この場で消す以外にはない!!!

・・その時
おまえたちは思うだろう

鬼岩城に踏みつぶされたり
暗黒闘気でバラバラに
なっていたほうが・・

まだしも
幸せな死に様だった
となっ!!!!

・・・この
ミストバーンの真の力!!

今こそ見よっ!!!!

鬼岩城を壊されたミストバーンはついに自らの闇の衣を取り払おうとする。衣の中から感じる威圧感が、鬼岩城よりもはるかに大きく強力なことにマァムやポップ、クロコダイン、ヒュンケルたちは愕然とする。

 

・・・わかった

もはや二度と・・
・・失態は見せぬ・・!!

真の力を開放しようとしてキルバーンに戒められたミストバーンは、落ち着きを取り戻し、以前のだんまり無口の彼に戻るのだった。

 

ううぅ・・
ハ・・ハドラーよ・・!

真の戦士として
覚醒したがゆえに
逆に生命を縮めようとは
なんたる皮肉な・・

できることなら勝って
生き残ってもらいたいが・・

敗れし時はせめて
華々しく散れっ!

この偉大なる
バーン様のために
死ねることを
光栄と思いながら・・!!

バーンの魔力によって生き返ったハドラーには超強力爆弾『黒の核晶(コア)』がすでに埋め込まれていた。それを知らずに超魔生物となったハドラーは、爆弾がいつ爆発してもいい状態になってしまう。六団長の仲間だったミストバーンは、ハドラーに最後のエールを心の中で送った。

 

・・・さらば
ハドラー・・

そしてバランよ・・

バーン様が
一目置かれた男たち・・!!

私はおまえたちの名を
忘れはしないだろう・・

永遠に・・!

ミストバーンはマントを剥いでついにその姿を見せる。そして黒の核晶へエネルギーを与え作動させる。しかし黒の核晶を直接作動させられるのはそれを造った者のみ。バランはミストバーンの正体に気がつく。しかし、もはや爆発は止められない。ミストバーンは、バーンに認められた男達に別れを告げて去っていった。

 

・・加勢はならぬ・・

主(あるじ)の最期・・
しかと見届けよ・・!!!

バーンに反旗を翻し処刑されそうなハドラーを助けに行こうとする親衛騎団を、闘魔滅砕陣で封じる。

 

・・・ううっ・・!!

す すごい!!

流星が
その燃えつきる瞬間に
最も明るく輝くようにっ・・

今 死期を悟った
ハドラーの力は
とてつもない勢いだ!!

光魔の杖に魔力を吸われ魔力が弱まりつつあるバーン。ハドラーはそれを見越して、パワーだけの勝負であれば自分に分があるとして、ハドラーに向かっていく。威力が弱まってきているバーンの光魔の杖は、ハドラーの覇者の剣の威力に押され気味だ。

 

カスがっ!

おまえごときに
ハドラーを卑下する
資格はない・・!!

人から人へ
自分の成り上がりだけを
目あてに
うろつくドブネズミなど
私は絶対に信じぬ!

いずれまた必ず
己の欲のために
主(あるじ)を
裏切るからだ!!!

・・・その時は・・

容赦なく殺すぞ・・!!

ハドラーを裏切り、バーンを救ったザボエラは、魔軍司令補佐の地位を手に入れ、今度はミストバーンに取り入ろうとする。ハドラーの体内に“黒の核晶”が埋め込まれていたことを知っていたザボエラは、あえてそれをハドラーには伝えなかった。それはハドラーが死ねば自分にチャンスが回ってくるからである。ミストバーンは、己の欲のために周りを利用するあまりに狡猾なザボエラの性根に釘を刺す。

【ミストバーンの名言名セリフ】

/ ② / / /

(Visited 1,613 times, 5 visits today)