ヒュンケルの名言・名セリフ①

ヒュンケルの名言・名セリフ①

【不死身の闘士ヒュンケル】

魔王軍不死騎団長。戦火の中で地獄の騎士バルトスに拾われ、地底魔城で育てられた。剣の腕では並ぶ者なき超一流戦士。アバンの一番弟子であり、アバンのしるしももっている。しかし、ヒュンケルはある思いを胸に秘めており、アバンを強く憎んでいたのだった。

【ヒュンケルの名言名セリフ】

 ① / / / / / / / / /

フハハハハハハッ!!

ハーーーッ
ハッハッハッハッ!!!!

クックックック・・・!

おまえたちの頭の中が
あまりにおめでたいんで
笑ったのさ・・!!

ヒュンケルはアバンの一番弟子であり、アバンのしるしも持っていた。それに安心したダイとマァムはヒュンケルに仲間になってくれるようにお願いする。しかしヒュンケルは、魔王軍の団長だったのだ。ポップは一人ヒュンケルを怪しんでいたのが的中する。

 

アバンの弟子すべてが
師を尊敬し
正義を愛する者では
ないということよ・・

中には暴力を愛し
その身を
魔道に染めた者もいる

正義の非力さに
失望してな・・!!

 

オレの名を
知りたがっていたな・・
教えてやろう・・

オレは・・
ヒュンケル!

魔王軍六団長の一人・・

不死騎団長ヒュンケルだ!!!!

アバンの弟子で味方だと思っていたヒュンケルは、実はパプニカを滅ぼした不死騎団の団長だった。

 

こいつらは
死を超越し甦った
骸(むくろ)の兵士!

コナゴナにでも
砕かんかぎりは
前進をやめないのだ

不死騎団のモンスターは不死身の軍団といわれ恐れられていた。

 

ガックリきたよ・・
まさか一度倒した相手に
殺られちまうとはな・・

弟子作りなんぞに
うつつをぬかして
自らの修業を怠った証拠だ

オレの手で引導を
わたしてやろうと
思っていたのに
全く口惜しいわ・・

腹いせに
弟子どもの始末を
申し出てみれば
このような小僧どもとは・・

拍子抜けもいいところだ・・

マァムに、「アバン先生は魔王軍に殺されたのに魔王軍に味方するの?」聞かれて吐き捨てるように応える。

 

フン
偉そうな口は
実力と相談してから
きくんだな

小僧ッ!!!

ダイの大地斬を片手で簡単に防ぎ、いとも簡単に跳ね返す。

 

フフフッ・・
これが
アバンストラッシュだと・・?

フハハハハッ!
笑わせるな

おまえの
アバンストラッシュは
とんだ紛(まが)い物だ!

 

戦いのうちに見切ったわ!

おまえはアバン流刀殺法を
極めていない!!

すなわち第3の必殺技
空裂斬をな!

ダイがアバンのもとで修業したのはわずか3日。空裂斬はわずか3日で習得できるような代物ではなかった。

 

地・海(かい)・空(くう)が
すべて備わってはじめて
アバンストラッシュは
究極の破壊力を発揮する!

つまりおまえの技は
未完成品の紛い物というわけだ!

 

オレは戦士ゆえ
呪文は使えない

だから大魔王バーンさまは
オレに究極の鎧を
くださったのだ

あらゆる攻撃呪文を
はじき返す最強の鎧をな・・!

それをまとえば
オレは完全無欠!!

 

あるさ・・

おまえたちの目の前に・・!!

鎧化(アムド)!!

究極の鎧をまとえば完全無欠だというヒュンケルに、ポップは「そんなもんどこにもねえじゃねえか!」と返す。しかし、すでにそれは目の前に存在していたのだった。

 

この鎧の魔剣そのものが
究極の鎧なのだ!

大魔王さまからいただいた
最強の武器であり・・
同時に最強の防具だ!

 

よせ・・

女を殺すなど
性(しょう)に合わん

マァムが攻撃を仕掛けようとしたのを制する。

 

それは・・

それはアバンが・・

オレの父の敵(かたき)
だからだっ!!!

マァムに「なぜそんなにアバン先生を憎むの?」と聞かれ、ヒュンケルは激しい怒りととともに言い放った。

 

バルトスは父として
オレにはじめて
ぬくもりを与えてくれた
男だった・・

 

オレにはひと目でわかった!!

この男が勇者だ!
オレの父の敵(かたき)
なのだと!!

その時オレは誓った!
必ず力をつけ
この男を討とうと!!

それゆえアバンに師事し
剣を習ったのだ!

その剣で・・
ヤツ自身を殺すために・・!!

 

たとえ正義のためだろうと
なんだろうと

その力が
オレの父の生命を
奪ったことに
変わりはない・・!

それを正義と呼ぶなら・・
正義そのものが
オレの敵だっ!!

【ヒュンケルの名言名セリフ】

 ① / / / / / / / / /

(Visited 1,160 times, 3 visits today)