バランの名言・名セリフ④

バランの名言・名セリフ④

【バランの名言名セリフ】 

/ / / ④ / / /

・・皮肉な話だ・・

竜の力と魔族の魔力と
・・人の心・・

竜の騎士に与えられた
3つの力のうち

最もくだらぬと思って捨てた
“人の心”に・・

これほど強く
うちのめされようとは・・な・・!

 

・・ディーノよ・・

もはや何も言わん
おまえはおまえの
信じた道を進むがいい・・

だが・・!
この世に竜の騎士は
二人はいらん!!

我が剣が甦(よみがえ)り
傷のいえた時こそ
雌雄を決してやる!!!

おまえが私に勝てたら
人間のために魔王軍を
滅ぼすがいい!

しかし
私が勝てば・・
私は人間を滅ぼす・・!!

 

・・いまさら
生き方を変えられん

・・大人とは
そういうものだ・・

人の心に目覚めたバランだったが、それでも人間を滅ぼすことに執着していることに、ダイは「わからずや!」と叫ぶ。

 

敵に塩を送るのは
これが最初で最後だ

今度会った時には
容赦せん・・!!

ディーノ・・
いや ダイよッ!!
覚悟しておけッ!!!

バランは去っていく直前、ポップに生命を吹き込んだ。人間の心が起こした奇蹟に称賛と情けを送ったのだ。しかし、それでもダイたちと行動することはできなかった。自らの犯した罪のために。

 

・・愚か者め!

人はそれを・・

地獄と呼ぶのだっ!!!!

暗殺をしに来たキルバーンだったが、死神の笛がきかず、真っ二つに返り討ちにする。

 

こうまで醜いものだとはな

強者が弱者をいたぶる
光景というものが・・

他人がしているのを見て
はじめて判る・・

フェンブレンの猛攻に成すすべのない絶体絶命のチウたちを救ったのは、まさかのバランだった。

 

もとよりおまえたちなど・・
ダイすらも眼中にはない!!

私の目的はただ一人!

大魔王バーンだけだっ・・!!!

おまえたちに説明する
必要など無い!

ただ あの男を
生かしておけなくなった

・・それだけだっ!!!

 

これから先は
真の竜の騎士と
大魔王との
想像を越えた戦いに
突入するだろう・・!!!

・・・死にたくなかったら・・
・・早く帰れ・・

ダイの所へ・・

ヒュンケルに忠告するバランの目は、以前の憎悪に満ちた戦鬼バランの目とは違っていた。

 

とっ・・
闘気が・・
無いっ!?

弱いのではない・・
0(ゼロ)なのだ!!

ヒュンケルの身体からは
闘気が完全に消えている!!!

まるでさざ波ひとつ無い
無風の海面のように・・

一点の乱れもない!!!

バランと対峙するヒュンケルは武器を捨て、無防備の状態で棒立ちとなっていた。そこには一切の闘気が感じられず、バランは困惑する。しかしバランも闘気を消すことで、この技の本質をすぐに見抜く。これは己を無にしてあえて敵の攻撃をうけながら、一瞬のスキにカウンター攻撃をするという捨て身の技だったのである。

 

この男は生命を捨てて
・・私を救った・・

・・この勝負・・
私の負けかもしれん・・・

・・クロコダインよ・・

私はどうすれば
良いと思う・・?

何をすれば
この男に報いてやれるのだ?

バランとヒュンケルは一対一で対決するはずが、不意にアルビナスがあらわれ二人を抹殺しようとする。そこでヒュンケルは、バランの攻撃を無防備で受けることを覚悟で、アルビナスにカウンターのブラッディスクライドを放った。バランの攻撃をまともにくらったヒュンケルはもはや戦うことができない身体になっていた。バランはそんなヒュンケルの捨て身の勇姿を見て、クロコダインに自分がどうすべきか問う。

【バランの名言名セリフ】 

/ / / ④ / / /

(Visited 1,412 times, 6 visits today)