ダイの名言・名セリフ⑧

ダイの名言・名セリフ⑧

【ダイの名言名セリフ】 

/ / / / / / / ⑧ / /

相手はバーンだ

おれは一人で勝てるとも・・
レオナを守りきれるとも
言えないっ!

・・・・・
だから・・

いっしょに
戦ってくれっ!!!

同じ危険な目にあうなら・・
おれといっしょにっ!!!

ダイはレオナにパプニカのナイフを渡そうとする。それはお別れになるかもしれないということではなく、共に戦ってほしいという覚悟の証だった。レオナはそんなダイを力いっぱい抱きしめた。

 

ち・・
ちくしょう!

ちくしょう!!!

竜の紋章よ・・!

おれには・・
おれには
こんな程度の力しか
ないのかっ!!!

おれの生命の
すべてをふりしぼっても
こんなものなのかっ!!?

・・・
竜の騎士はっ・・

竜の騎士はあっ・・!!

本当にそんなに
弱いのかっ!!?

大切な人 一人
守るぐらいの力さえも
出せないのかあああっ!!!!

暴走した魔晄炉にレオナを囚われ、魔晄炉の管理人ゴロアの重力をかける能力で身動きが取れずトドメを刺されそうになるダイ。自分の、竜の紋章の、竜の騎士の力はこの程度のものなのかと、悔し涙を流し拳を強く握りしめる。

 

・・知らないぞっ!!

こいつはただの
呪文じゃない!!!

父さんの・・
竜の騎士のっ!!

最大最強の
切り札なんだあーーーーーーーっ!!!!

ドルオーラ!!!!!!

ゴロアは自分の魔法力を魔力炉に注いで、バーンが制止するのも聞かず、ダイに最後の攻撃を仕掛ける。ダイは双竜紋から史上最大の大技を放った。

 

バーンが強いから・・

強すぎるからこそ
そんなとてつもない
威力の攻撃をくらう
ハメになってしまった・・・・・

・・強すぎるっていうのもさ・・

あんまりいい事じゃ
ないよね・・!

ダイのドルオーラ2連発をまともにくらったバーンは消え去った。「胸張ってよ勇者くん!あなたは大魔王に勝ったんだから!!」一気呵成に倒してしまったダイを、レオナは抱き寄せて明るく強く言った。

 

・・・今・・
この一瞬・・!

・・・この一瞬がすべてだ・・!!

ここで決めなけりゃ
大魔王(バーン)を倒す
チャンスは
永久にやってこない・・!!!

みんながつくってくれた
この一瞬・・

・・・この瞬間に・・!!
・・・・・おれのっ・・!!

・・・・・
おれのっ!!!

おれのすべてを
こめてぇぇっ!!!!

アバンストラッシュ!!!!!!!

ポップが天地魔闘のカイザーフェニックスを跳ね返し、バーンは炎の包まれる。そして、次の瞬間、ダイの全力が弾ける。「ぶちかませぇぇーーーーーッ!!!!」ポップの掛け声とともにダイは渾身のアバンストラッシュを放った。

 

ストラーーーーーッシュ!!!

X(クロス)!!!!!

アバンストラッシュだと思っていたバーンだったが、ただのアバンストラッシュではなくストラッシュアローとブレイクを組み合わせたダイの新必殺技、アバンストラッシュXだったのだ。血しぶきが飛び、いかなる武器にも勝るはずの大魔王バーンの左腕が切り飛んだ。

 

・・・バ・・
バーン・・!!!

もう・・
絶対に放さないぞッ・・!!!

おれといっしょに
こいつをくらえぇっ!!!!!

ライデイィィン!!!!!

ダイはバーンの左腕を切り落とし、天地魔闘の構えをできないようにしたが、それでも体勢を立て直されれば劣勢になってしまう。ダイは一瞬の間にすかさずバーンに剣を付きたて、体力が続く限り自分とともにライデインをくらわせ続ける捨て身の行動に出る。「これなら100%命中する!おれと・・我慢比べだ・・!!」そしてもう一発、さらに一発、ダイはライデインを浴びせ続ける。「おれに言えることはたった一つ。バーンより先にくたばらねぇでくれ!!それだけだダイ!!!」ポップですらここに入り込むことはできない。もう勇者ダイに全てを託すほかないのである。

 

・・・全然!

・・・むしろこの方が
気が楽なぐらいだ・・!

・・おれ一人が傷つくだけで
おまえにダメージを
与えられるんだから!!

仲間のみんなが傷つき
倒れながら作りあげた
この最後のチャンス!!

おれも傷つき
苦しみながら戦うのは
当たり前じゃないか・・!!!

「こんな無謀な闘い方に全く疑問を感じぬのか・・?」バーンに問われたダイは魂の絆の強さを示す。しかしその応えを聞いたバーンは、すべてを無にさせる、驚愕の行動に出る。それは、大魔宮に残っている最後の究極兵器ピラァ・オブ・バーンを作動させること。今、地上に落とせば、フローラたちも全て消え去ってしまう。ダイは必死にライデインを放ち止めようとするが、バーンは容赦なく落とす。そして地上に落とした全ての兵器には黒の核晶(コア)が備え付けられていた。

 

・・・・・
おれが・・

本当に
くじけそうな時・・

本当にあきらめて
しまいそうな時・・・

いつも最後のひと押しを
してくれた奴・・

おれを立ち上がらせて
くれた奴・・

最高の友達・・
ポップ・・!!

君に出会えて・・
良かった!!!

みなが倒れている時、ポップはただ一人、一瞬の生命をまぶしく燃やして立ち上がる。絶望を跳ね返すポップの勇気に、ダイも再び立ち上がる力が沸いてくる。

【ダイの名言名セリフ】 

/ / / / / / / ⑧ / /

(Visited 621 times, 1 visits today)