ダイの名言・名セリフ⑥

ダイの名言・名セリフ⑥

【ダイの名言名セリフ】 

/ / / / / ⑥ / / / /

・・おれの・・

・・おれの母さんって
どんな人だったの・・?

バランと行動をともにすることになったダイは、ひとつだけバランにたずねた。それにバランは「そこにいるだけで皆が暖かい気持ちになれる、不思議な輝きにあふれていた」と応える。そして「あれほど深く人を愛することはもうあるまい」とも。

 

誇りで勝てたら
苦労はしないよ!

ハドラーはダイとバラン両方と戦う構えを見せる。竜の騎士バランは誇りを傷つけられハドラーの態度に我慢ならない。ダイはそれでも2人で戦おうとするが、そんなダイにバランは「竜騎士としての誇りはないのか!」と言った。

 

誇りだのなんだのに
こだわってて
やることもやれないようなら

真の竜の騎士なんかに
なりたくないよ!

・・おれには人間の・・
母さんの血も
流れてるんだからさ・・!!

いままでの戦いだって
ただみんなのためにと思って
必死でやってきただけなんだ!!

おれには確実に
ハドラーやバーンを倒して
いくことのほうが
自分のプライドなんかより
ずっとずっと大事だっ!!!

 

・・・・・とっ・・

父さあああぁぁんっ!!!

ダイの父親、竜の騎士バランがついに逝く。ダイは最後に全身を振るわせながら大声で叫んだ。

 

父さんは・・・
ここにいる!

そしておれに
言ったんだ

泣いてないで
戦えって

・・だから
やるだけやらなきゃ
またどやされちゃうよ!

ダイは胸に手を当てながら言った。

 

あきらめるもんかっ・・!!!

・・たとえ
世界中の人々が
あきらめたって・・

・・おれはあきらめないっ・・!!!

絶対にあきらめないぞっ!!!

大魔王バーンの異次元の強さ、そして数千年も前から地上を消し去ろうとしていた壮大な計画を聞き、ポップやマァムは戦う気力がなくなってしまう。ただ一人ダイだけは、絶対にあきめないと、傷を負った身体で不屈の闘志を燃やし立ち上がる。

 

お・・おれは
・・・絶対に
あきらめないっ!!!

たとえみんなが
絶望してしまっても・・

最後の最後まで
戦いを捨てるわけには
いかないんだっ!!!

 

おまえの力が
どれだけものすごいかは
判ってる!!

でも・・
そんな事
関係ないんだっ!!!

・・おまえは
「力が正義だ」って
言ったけど・・
それは違う!

違うんだっ!!

おれが・・
今まで教わってきた
正義とっ・・!!!

おまえは・・

絶対に
まちがってる!!!

ダイは、力こそが絶対と考えているバーンに毅然と言い放った。それを聞いた半死半生だった仲間達は、勇気を取り戻し立ち上がっていく。

 

・・・ど・・
どうしてみんな
おれに無理なことを
させようとするんだ・・!!?

父さんもレオナたちも・・!!!

もう おれの力なんかじゃ
どうしようもないのにっ・・!!

・・おれはみんなが
思っているほど
強くも偉くもないんだっ・・!!!

ダイは戦いから逃げだした。父を目の前で失い、最大の武器も失い、今までにないほどダイの心は打ちのめされていたのだった。

 

ちょっと
頭冷やしてきたんだ

心配させちゃったみたいで
ごめん!

戦いから逃げだしたダイだったが、みんなの前に再び姿を現す。動揺していた城の者たちや仲間達に笑顔が広がり一気に勇気づいた。

 

みんな

大魔王バーンは強い

聖母竜(マザードラゴン)は
神よりも強いって言っていた

そんな奴を相手に戦って
必ず勝てるなんておれには
言えない

いや やられてしまう
可能性のほうが高いと思う・・

・・・おれは
バーンよりも弱い
武器も無い

でも このまま
力まかせに
世界をふみにじろうとする
あいつを放っておく
ことはできないっ!!

おれが誰にも負けないって
ハッキリ言えるのは
その気持だけだっ!!!

・・・そんなおれでも
良かったら・・
みんなも力を貸してくれっ!!!

ダイは最後の砦に集まった者たちに正直な気持ちを打ち明ける。みな、ダイの言葉に一丸となってやる気をみなぎらせた。

【ダイの名言名セリフ】 

/ / / / / ⑥ / / / /

(Visited 298 times, 1 visits today)