フレイザードの名言・名セリフ③

フレイザードの名言・名セリフ③

【フレイザードの名言名セリフ】

/ / ③ / /

冗談じゃねぇ・・

せっかく結界をはったのに
逃げられちゃ元も子もねえや・・!

絶対に逃げようなんて気が
おこらねえように
してやるぜ!!

クカカカカカカカカ~~~ッ!!!!

ダイたちが逃げないように、フレイザードはレオナの身体を凍らせて人質にしてしまう。

 

どうだい
気に入ってくれたかな?

パプニカの王女の
氷漬けは・・!!?

伝説の禁呪法で凍りついたレオナの身体は、フレイザードを倒さない限り溶けることはない。

 

お姫さまを見捨てて
とっととずらかるなんて・・

そんなこたぁ
できねぇだろォ!?

勇者はつれえよなぁ~~~ッ!!
ギャハハハハハッ!!!

 

フハハッ!!
いいぞ!
その調子だ

その調子で・・
オレに殺されに
来ぉいッ!!

フレイザードは、煽りに怒って向かってくるダイを容赦なく叩きのめした。

 

・・ホウ・・
こりゃ すげぇや

まだこんな力が
残っていたとはな

この結界の中では
敵の戦闘力は
5分の1に激減する

つまり本当なら
この5倍の威力があるわけだ

おっかねえなあ・・
ククククッ・・

だが・・
ここじゃどうあがいても
致命傷にゃならんぜ・・!!!

力が5分の1になりながらも、なお自分の腕を切り落とす力があるダイに驚くフレイザード。しかし結界陣の中ということで安心しきっているのだった。

 

・・そうか
あの中には閃熱呪文(ギラ)が
つまっていたのか

それがオレの呪文の
超高熱で誘爆を・・

あの女
かわいい面(つら)して
けっこうやりやがるぜ・・

フレイザードが呪文を放とうとした瞬間、マァムは魔法が込められた筒を投げ誘爆を誘いフレイザードに大ダメージをあたえる。その隙にダイたちを連れて結界陣から逃げだした。

 

なってねえな
ハドラーさまもよ・・!

助太刀をかって出といて
やられちまうとはなあ・・

ま いいさ
これでまた
ダイに箔(ハク)が
ついたってもんだ!!

魔王軍総がかりでも
倒せなかった
勇者の一行(パーティー)!!

全滅させれば
おれの大金星よっ!!!

ハドラーがヒュンケルに倒されるのをみてあきれるフレイザード。そして大いなる手柄を立てるため闘志を燃え上がらせる。

 

クハハハハハーーーーッ!!!

人質かかえて
のんきに最上階で
待ってるなんざ
性(しょう)に
あわないんでな・・!

そおらッ!!!

これで一人
殺したあッ!!!

ダイたちがフレイザードのいる中央塔に入ろうとした瞬間、地面からフレイザードの手が伸びてきてマァムの足を掴んだ。そして地面の尖った岩に振り下ろそうとする。

 

・・そうだな
観念するか・・

氷炎結界呪法を破られ
魔王軍の腕きき軍団長が
2人も味方についちゃあ
いくらオレでも勝ち目はねえ・・

こいつあ
あきらめ時が来たみてえだな・・

ダイ、ポップ、マァム、ヒュンケル、クロコダインに囲まれたフレイザード。ポップに「観念したのかよ!」と言われ、神妙に応える。しかしダイはいつもの高笑いするフレイザードと違うことに不気味さを感じていた。

 

へっ・・
バカ言ってんじゃねぇよ

たとえ全てを失ったとしても
オレの勝利だけは
のがさねえ・・!!

・・オレはただ
自分の無傷を
あきらめただけだ・・

これから仕かける最後の技は・・
オレにとっても
ハンパじゃなく痛ェんでな

できることなら
使いたくなかったが・・よ!!

・・バーンさま・・
我に勝利と栄光を・・!!

一見あきらめたように思われたフレイザードだったが、実は己の生命を削る最後の大技を仕掛けようとしていた。そしてその覚悟を示すように、かつて大魔王バーンに授かった栄光のメダル(暴魔のメダル)を引きちぎる。

 

もう過去の栄光はいらねえ・・

新たな勝利をつかむために・・

オレは生命をかけるのだあっ!!!

 

そう
そのまさかだよォ・・!!!

この岩の
一つ一つが・・

オレなんだよォォォッ!!!

自爆したと思われたフレイザードだったが、粉が粉になった小さい岩全てが彼の意思となって攻撃してきた。そして砕けば砕くほどその数は増え、さらに攻撃力を増していく。

 

クククククッ・・!

なにバカなこと
やってんだよ
ワニ公が・・!!

てめえがいくら
怪力だろうと
この技の前にゃ
なんの意味もねぇ!

砕けば砕くほど
オレの数は
ふえるんだからなあっ!!

 

やっと
てめえかい・・

勇者ちゃん・・!!!

【フレイザードの名言名セリフ】

/ / ③ / /

(Visited 2,724 times, 4 visits today)