バランの名言・名セリフ⑤

バランの名言・名セリフ⑤

【バランの名言名セリフ】 

/ / / / ⑤ / /

行くのは・・
・・私だ!!

私とダイのコンビでは
実力的に不服かね?

海底の魔宮の門を壊しに行くのはダイと誰にするか議論していたポップやマァムたち。そこに現れたのは、ダイの父親にして最強の竜騎士バランだった。ポップは突然現れたバランに腰を抜かす。

 

一度拾った生命を
また捨てたいというのなら
それもよかろう!!

今度は一振りで
あの世へ送ってくれるわ!!

バランに両眼を剣で刺されたフェンブレンは、復讐者となって魔宮の門でバランを待ち伏せていた。

 

バカめ!!!
うぬぼれるのも
たいがいにしろ!!!

竜の騎士相手に
2対1でもいいとは
片腹痛い!!

この私一人で
引導を渡してくれるッ!!!

ダイとバラン、竜の騎士2人を同時に相手にして戦うことも辞さないつもりのハドラーに、バランは身の程知らずの所業だとして憤る。

 

・・子供がどう願っても
親とは常にこうして
しまうものなのだ

おまえも大人になれば
いつかきっと判る・・

・・ダイ・・
とてもいい名前だ

だが
私とソアラがつけた
名前も心の片隅で
憶えておいてくれ

ディーノ・・
アルキード王国の言葉で
“強き竜”という
意味があるらしい・・

超魔生物ハドラーと決着を付けるため、バランは傷を負ってもまだ戦おうとするダイにラリホーマをかけた。拒みながらも眠りについていくダイを見て、バランはダイが赤子だった頃のことを思い出しふと思う。「相変わらず、寝かしつけるのが下手だな・・」と。

 

最後の最後で
私にも人間らしい
感情とやらが
目ばえたのかもしれんな・・

 

・・ハドラー・・
覚悟するがいい!!

私は・・
二度と使うまいと思った
最後の力を・・

今使う!!!

・・・ディーノを
眠らせたのは
その身を案じたからではない!

かつては親子でありながら
骨肉の死闘を演じた
この破壊魔獣の姿をっ・・

あの子にだけは
二度と見せたく
なかったからだっ!!!

バランの血が赤から蒼へと変わり、竜魔人の姿になった。

 

・・・死ね!
ハドラー!

私も地獄まで
つきあってやる・・!!!

 

竜魔人は
相手が死ぬまで戦い続ける

竜の騎士
究極の戦闘形態
(バトルフォーム)!!

この姿になったからには
おまえごときが
いかに背伸びしても
相手にはならんっ!!!

竜魔人となったバランはハドラーを圧倒する。ダイを傷つけたことがさらにバランの力を強めたのだった。その戦いを見ていたバーンは、ハドラーに勝ち目がないと見切り、黒の核晶を爆発させようとする。

 

・・泣くな
・・ダイ

私は真の騎士ではない・・

・・・・力も・・
魔力もあったが・・
心が無かった・・

おまえにはそれがある

おまえを育てた
怪物(モンスター)と
いうのは・・

私などよりずっと・・
正しい・・人の心を
持っていたのだろうな・・

・・私の死などで
泣くことは無い・・

おまえにとっては
その方が父だ・・

ダイやアバンの使徒たちを守るため、黒の核晶(コア)の爆弾をドルオーラで抑え込んだバランだが、超爆発を至近距離で全身に浴びて、もはや助からない状態に陥る。

 

・・泣くな
・・ダイ・・

強く・・
・・強く・・

生・・・
・・き・・
・・ろ・・
・・・・・

魔王軍最強の超竜軍団長にして竜の騎士、そしてダイの父親バラン、今ここに逝く。

【バランの名言名セリフ】 

/ / / / ⑤ / /

(Visited 1,627 times, 1 visits today)