アバンの名言・名セリフ④

アバンの名言・名セリフ④

【アバンの名言名セリフ】

  / / / ④ / /

・・ダイ
・・・ポップ
・・マァム

みんな・・
見違えるように
なりましたね

私がいなくても
自分たちの力だけで
これほどまでに
成長してきた
あなたたちを・・

私は誇りに思いますよ・・

・・・それに・・
・・・・・
ヒュンケル・・!!

・・・ヒュンケル・・
あなたが・・今
この場に生きて・・

ダイたちに力を
貸していてくれた・・

それだけでもう
私は・・
私は夢のように幸福です・・

 

今 私に言えることは
ただ一つ・・!!

私がみんなと同じ
大魔王打倒のために
この場に現れた男だと
いうことを
信じてほしい!!

それだけですっ!!!

私はもはや
あなたたちの師ではない!

新たな同志
戦う仲間なのです!!!

アバンは実はハドラーとの戦いの後も生きていた。なぜずっと生きていたのに助けに来てくれなかったのか、ポップやマァムが詰め寄る。答えようとするアバンだったが、その時、キルバーンが密かに動く気配を感じた。アバンはまずはみんなをこの場から離そうとする。

 

ひげを剃るなら
結構ですよ

来る時に
ちゃあんと
お手入れして
きましたから・・!!

キルバーンは力を込めて鎌をひこうとしたが、アバンの顎先からなぜか動かない。手をプルプルさせるキルバーンに、アバンはひげ剃りは結構と断った。

 

あのハドラーも
かつては残酷な男でした

人間たちにひどい事をしました

でも彼はまだ
自分の手でそれを行っていた!

私と戦う時にも
常に自ら戦線におもむいて
きたものです・・!!

だが!
あなたは明らかにそれ以下!

自らの手を汚さず
敵が死の罠にはまって
もがき苦しんでいる所を見て
喜ぶとは
残酷にも劣る残忍!!

戦いの最低限のルール・・
それは戦士としても誇りです

ハドラーにはまだ
それがあった・・!!

・・これは・・
一足先にあの世へ行った・・
彼(ハドラー)の怒りの
一太刀だっ!!!!

アバンの一閃はキルバーンの仮面の半分を切り落とした。

 

覚えておきなさい

決して好んで使いたくはないが
呪法に関しては私も
かなりの知識がある・・!!

今後ももしそちらが
卑劣な罠を
しかけ続けるなら
“目には目を”です!!

この私が決して
許しはしないっ・・!!!

 

昔からあの子は
心にもない言動をとって
私を困らせる時には
いつもあんな目をするんです

・・寂しさと・・
申し訳なさが
同居してるような・・

ああいう目をね・・

急にアバンに反旗を翻したヒュンケルはアバンとともに行こうとせず、この場に留まると言う。ポップは怒り心頭で、マァムはいつものヒュンケルと違う様子に戸惑う。しかしアバンは、ヒュンケルの目を見て悟った。自分が盾となって、アバンやダイたちを先に行かそうとしていることを。アバンたちがヒュンケルから離れてほどなく、数え切れないほどの魔界の上級モンスターがヒュンケルを取り囲んだ。ヒュンケルは並み居る敵軍を前に仁王立ちしながら言った「・・さあ来い!この場は一歩も通さない・・!」。

 

負ける時は
力のすべてを
出しつくして
思いっきり負けなさい

そうしないと
絶対に今より
強い自分には
なれませんよ!!

最後の最後まで
己の力を出しつくして
戦いぬく・・!

それが・・
真の戦士です!!!

甦ったヒムの前に倒れたヒュンケルは、薄れる意識の中で、小さい頃に聞いたアバンの教えを思い出す。

 

・・・何が
“受けてくれるかね!?”だ

この場に立ち入ったという事は
否応なく受けねばならないと
いう事!

正々堂々とは笑わせる!!

それを“罠”だというのだっ!
キルバーン!!

罠もなく正々堂々と勝負するというキルバーンだが、すでに決闘の地に引きずり込んだこと自体が罠なのだ。決闘の地で敗れた者は、魔界の機械人形“ジャッジ”に首を落とされてしまう。「その態度!決闘受諾と判断するに充分!いざ勝負だアバン!」キルバーンは剣をもって構えた。

【アバンの名言名セリフ】

  / / / ④ / /

(Visited 630 times, 3 visits today)